設定ガイド

GroupSession

ユーザーサポート設定ガイド
GroupSession無料版ユーザーの方へ、インストールや設定方法のご案内

DB接続ユーザ、パスワードの変更方法

tomcatを停止

tomcatを停止します。
※tomcatを停止せずに変更プログラムを実行しないでください。

変更用プログラムを実行

GroupSessionはデータベースに接続する為のユーザIDとパスワードを変更するプログラムをご用意しています。
任意のユーザIDとパスワードを指定することが可能です。

変更プログラムはGroupSessionをインストールしたgsessionディレクトリの中にあるuser_pass.bat(sh)です。
コマンドプロンプト(またはターミナル)を開き下記の手順で実行してください。

例:【Windows】
Cドライブ直下にインストールした場合、C:\gsession\WEB-INF\dsedit\bin\user_pass.bat となります。

【Windows】での実行方法
変更プログラムのフォルダへ移動します。
> cd C:\gsession\WEB-INF\dsedit\bin

変更プログラムを実行します。
> user_pass



例:【Linux】
/usr/local/java/にインストールした場合、/usr/local/java/gsession/WEB-INF/dsedit/bin/user_pass.sh となります。

【Linux】での実行方法
変更プログラムのディレクトリへ移動します。
$ cd /usr/local/java/gsession/WEB-INF/dsedit/bin

変更プログラムを実行します。
$ chmon +x ./user_pass.sh
$ ./user_pass.sh

ユーザID、パスワードを指定

変更プログラムの指示に従いユーザIDとパスワードを指定します。

DBへ接続するユーザ名を指定します。(20文字以内)
※初期値はgsessionになっています。gsessionのままで良い場合はそのままEnterキーを押します。

DBへ接続するユーザ名を指定してください。
[gsession]:administrator


パスワードを指定します。(20文字以内)
※初期値はgsessionになっています。gsessionのままで良い場合はそのままEnterキーを押します。

パスワードを指定してください。
[gsession]:7dSpW39q


ユーザID、パスワードが更新されます。
下記の様にメッセージが表示されれば変更処理は完了です。

正常にユーザ・パスワードの変更が終了しました。


tomcatを起動

変更プログラムを実行したコマンドプロンプト(またはターミナル)を閉じます。
tomcatを起動することで設定が反映されます。


TOP