RSSフィードについて

RSSリーダーで、フォーラムの新着投稿情報がチェックできます。
詳しくは下記ページを参照して下さい。

RSSフィード  RSSフィードについて

ご自由に情報交換の場として御利用ください。
また質問の前には「回答を得るには?」を参照してください。


GroupSessionへの要望があれば参考にさせていただきます。
要望リストも参考にしてください。


 
フォーラム  フォーラム
00_インストール・設定
スレッド  タイトル

社内ネットワークでのWEBメールが接続できない


[ 4170 ] 社内ネットワークでのWEBメールが接続できない
投稿者: JYOJYO
投稿日時:  2011/09/27 10:06:29
初心者です。
社内ローカルネットワーク(インターネットには接続していない)で
メールサーバー(windows2003)をたててそのメールサーバーに対し
GSESSIONのwebメールで送受信したいと考えています。
OUTLOOKなどのメーラでは接続が可能でした。
同様にGSESSIONでアカウント設定をし接続テストを行ったのですが
POP、SMTP共にエラーになり接続できませんでした。
まずどこから探ればいいのかわからず困っております。
御教授よろしくお願いいたします。
環境は
GSESSIONのバージョン:GSESSION3.5.2
OS:UBUNTU11.04
JAVA:JDK6.0
TOMCATのバージョン:TOMCAT6.0.33

メールサーバー(POP,SMTP)は
OS:WINDOWS2003 R2 SP2

です。どうぞよろしくお願いします。
  引用返信
[ 4171 ] Re: 社内ネットワークでのWEBメールが接続できない
投稿者: ランス
投稿日時:  2011/09/27 10:32:49
以下の手順で確認されたらどうでしょうか。

1)GroupSessionサーバのPOP、SMTP用のポートがOPENしているか。
Tomcatの起動ユーザがroot以外の場合、ポートをOPENする権限がないかもしれません。
その他にiptablesの設定は大丈夫でしょうか?

2)メールサーバ(Win2003)のログを確認して、エラーになっているか確認する
メールサーバへのアクセス権とかファイアーウォールとかありませんか?

  引用返信
[ 4172 ] Re: Re: 社内ネットワークでのWEBメールが接続できない
投稿者: ふぁんぐす
投稿日時:  2011/09/27 12:14:08
> 1)GroupSessionサーバのPOP、SMTP用のポートがOPENしているか。
GSのWEBメール機能を聞かれているのであまり関係ないかと思います。
それぞれエフェメラルポートが使われると思いますし。

> その他にiptablesの設定は大丈夫でしょうか?
iptableは確認した方が良いですよ。
インターネットに繋がらなければ最悪止めてしまうってのも手です(難しいですしね)

個人的にメールサーバ確認でよくやるのは、
http://ash.jp/net/telnet_smtp.htm
http://ash.jp/net/telnet_pop3.htm
この方法です。
上のサイトは絵が付いてて分かり易いかと思います。

メールの送受信なんて、この手で打ってる作業を自動でやってるだけなんでちょちょいとやってみることをオススメします。
商用で勝手にクライアントとなるアプリが入れられない時なんかにやります。
  引用返信
[ 4173 ] Re: Re: 社内ネットワークでのWEBメールが接続できない
投稿者: JYOJYO
投稿日時:  2011/09/27 12:17:46
ランス様
ありがうございます。

> 1)GroupSessionサーバのPOP、SMTP用のポートがOPENしているか。
UBUNTUのネットワークツールのポートスキャンという機能で確認しました。
*特定のIPのポートをスキャンするようです。
メールサーバとなっているwindows2003では
POP3:110、SMTP:25が開放されているようでした。
GroupsessionサーバのUBUNTUでは
http-alt:8080が開放されていました。
POP3とSMTPはスキャンに引っかかりませんでした。

> Tomcatの起動ユーザがroot以外の場合、ポートをOPENする権限がないかもしれません。
権限を確認する方法がわかりませんでしたので、まだ未確認です。
確認方法を教えていただけると助かります。

> その他にiptablesの設定は大丈夫でしょうか?
iptablesの設定を確認しました。初期設定になっております。ちなみに
Chain INPUT (policy ACCEPT)
target prot opt source destination

Chain FORWARD (policy ACCEPT)
target prot opt source destination

Chain OUTPUT (policy ACCEPT)
target prot opt source destination
でした。すべて開放ということでいいですよね。

> 2)メールサーバ(Win2003)のログを確認して、エラーになっているか確認する
> メールサーバへのアクセス権とかファイアーウォールとかありませんか?
メールサーバのログはまだ未確認です。
サーバーへのアクセス権は特に設定してないはずなのでが確認します。
ファイアーウォールは設定されていません。
  引用返信
[ 4174 ] Re: Re: Re: 社内ネットワークでのWEBメールが接続できない
投稿者: ふぁんぐす
投稿日時:  2011/09/27 12:18:37
追記

> メールの送受信なんて、この手で打ってる作業を自動でやってるだけなんでちょちょいとやってみることをオススメします。
ちなみにtelnetコマンドを使うのはGSのサーバからですよ。
どうしてそうするのか、理解して納得してから実施してくださいね。
  引用返信
[ 4175 ] Re: Re: Re: 社内ネットワークでのWEBメールが接続できない
投稿者: JYOJYO
投稿日時:  2011/09/27 12:42:35
ふぁんぐす様
ありがとうございます。
> > その他にiptablesの設定は大丈夫でしょうか?
> iptableは確認した方が良いですよ。
> インターネットに繋がらなければ最悪止めてしまうってのも手です(難しいですしね)
 止める方向でチャレンジします。

> 個人的にメールサーバ確認でよくやるのは、
> http://ash.jp/net/telnet_smtp.htm
> http://ash.jp/net/telnet_pop3.htm
> この方法です。
> 上のサイトは絵が付いてて分かり易いかと思います。
 上記サイトを見ながらメールの送信を行いました。
 結果、送信できました。
 となるとGroupSessionのWebメールに何らかの設定があるということでしょうか?
 
  引用返信
[ 4176 ] Re: Re: Re: Re: 社内ネットワークでのWEBメールが接続できない
投稿者: JYOJYO
投稿日時:  2011/09/27 12:44:06
ふぁんぐす様
ありがとうございます。

> 追記
>
> > メールの送受信なんて、この手で打ってる作業を自動でやってるだけなんでちょちょいとやってみることをオススメします。
> ちなみにtelnetコマンドを使うのはGSのサーバからですよ。
> どうしてそうするのか、理解して納得してから実施してくださいね。

はい。GSサーバーから実施しました。
  引用返信
[ 4177 ] Re: Re: Re: Re: 社内ネットワークでのWEBメールが接続できない
投稿者: JYOJYO
投稿日時:  2011/09/27 13:51:05
解決しました。
初歩的なミスでした。
ふぁんぐす様から教えられたとおりtelnetで送信を確認しました。
そのとき、サーバー名にドメイン名までつけているとエラーになりました。
具体的には
mail.mydomain.jpでtelnet接続したときにもエラーになりました。
PINGもmail.mydomain.jpでは通っていなかったです。
そこでサーバー名だけのmailにしたところPINGは通りました。
そのごtelnetで送信が確認できました。
当社ではアクティブディレクトリーを導入しているので
すべてドメイン名まで必要なのかと思いつけていましたが、どうも必要ないようです。
*ドメインへの参加などの関係があるのだと思うのですが・・・。
GroupSessionのアカウントを修正しテストの結果、送信できました。

ちなみにwindows2003はドメインに参加しています。
GSサーバーは参加していません。
クライアントはドメインに参加しています。
このような状況下でした。
ありがとうございました。
  引用返信
 
スレッドURL:
 

クラウド版グループウェアbycloud

Twitter
開発スタッフのつぶやき http://twitter.com/gsession_jts
Facebook
メールマガジン
GroupSessionのセキュリティ情報、アップデート情報をお伝えするメールマガジンです。(無料)
メルマガ『速報!GroupSession』
ブログ
スタッフによる開発日誌を公開しています。
「Public JTS スタッフブログ」


Copyright 日本トータルシステム株式会社