技術情報

任意のサイトからログインする方法

-- 2013.01.29 GroupSession Version4.1.0 --

はじめに

GroupSessionではユーザID、パスワードを入力してログインします。

ここではログイン画面のユーザIDとパスワードの入力フィールドを任意のサイトへ埋め込み、そのサイトからGroupSessionにログインする方法について説明します。


社内ポータル等を設置してある企業様が、ログインフォームを設置することを想定した内容となっております。

前提条件

このドキュメントは、HTMLについての知識がある事を前提とします。


ユーザIDとパスワードの入力フィールドを埋め込む方法

ユーザIDとパスワードの入力フィールドを埋め込む方法を以下、サンプル画面(loginSample.html)のソースファイルを元に説明します。


サンプルログイン画面


  説明
遷移先のURL ログイン時の遷移先を「サーバ名 + "/gsession/common/cmn001.do"」で指定します。
<form method="post" name="gslogin"
action="http://${サーバ名}/gsession/common/cmn001.do">
hidden
パラメータ
hiddenパラメータ「CMD」を記述し、値に"login"を指定します。
<input type="hidden" name="CMD" value="login">
ユーザIDの
パラメータ
ユーザIDの入力フィールドにパラメータ「cmn001Userid」を記述します。
<input type="text" name="cmn001Userid" value=""
maxlength="20" size="20" tabindex="1" />
パスワードの
パラメータ
パスワードの入力フィールドにパラメータ「cmn001Passwd」を記述します。
<input type="password" name="cmn001Passwd" value=""
maxlength="20" size="20" tabindex="2" />

loginSample.html

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
<title>[login sample]</title>
</head>

<body>
  <h1>ログイン</h1>
  <form method="post" name="gslogin"
   action="http://${サーバ名}/gsession/common/cmn001.do">     -------A
    
    <input type="hidden" name="CMD" value="login">                  -------B
    
    <div>
      ユーザID:
      <input type="text" name="cmn001Userid" value=""               -------C
       maxlength="256" size="20" tabindex="1" />
    </div>
    <div>
      パスワード:
      <input type="password" name="cmn001Passwd" value=""    -------D
       maxlength="256" size="20" tabindex="2" />
    </div>
    <div>
      <input type="submit" value="ログイン" tabindex="3" />
    </div>
  </form>
</body>
</html>
    

・上記ので、ログイン時の遷移先を「サーバ名 + "/gsession/common/cmn001.do"」で指定します。

・上記ので、hiddenパラメータ「CMD」を記述し、値に"login"を指定します。

・上記ので、ユーザIDの入力フィールドにパラメータ「cmn001Userid」を記述します。

・上記ので、パスワードの入力フィールドにパラメータ「cmn001Passwd」を記述します。


Copyright 日本トータルシステム株式会社