Version1

v1.1.7データをv2.0.0用へコンバートする方法

tomcatを停止
tomcatを停止します。
※tomcatを停止せずにコンバートプログラムを実行しないでください。

コンバート用プログラムを実行
GroupSessionはv1.1.7のデータをv2.0.0用にコンバートするプログラムをご用意しています。
※コンバート前に必ずGroupSessionをインストールしたgsession2ディレクトリ内のWEB-INF/dbとWEB-INF/fileの
2つのディレクトリのバックアップを行ってください。
変更プログラムはGroupSessionをインストールしたgsession2ディレクトリの中にあるconvert.bat(sh)です。
コマンドプロンプト(またはターミナル)を開き下記の手順で実行してください。

例:【Windows】:Cドライブ直下にインストールした場合、
C:\gsession2\WEB-INF\convert\v1.1.7tov2.0.0\bin\convert.bat となります。
例:【Linux】:/usr/local/java/にインストールした場合、
/usr/local/java/gsession2/WEB-INF/convert/v1.1.7tov2.0.0/bin/convert.sh となります。

【Windows】での実行方法
コンバートプログラムのフォルダへ移動します。

> cd C:\gsession2\WEB-INF\convert\v1.1.7tov2.0.0\bin

コンバートプログラムを実行します。

> convert


【Linux】での実行方法
コンバートプログラムのディレクトリへ移動します。

$ cd /usr/local/java/gsession2/WEB-INF/convert/v1.1.7tov2.0.0/bin

コンバートプログラムを実行します。

$ chmod +x ./convert.sh

$ ./convert.sh


Version1データの保存先を指定
変更プログラムの指示に従がいVersion1データの保存先を指定します。
コンバート元になるVersion1のデータの保存先を指定します。
※初期値はWindows環境ではC:\GSDATA、Linux環境では/var/GSDATAになっています。
初期値のままで良い場合はそのままEnterキーを押します。

Version1のデータの保存先を指定してください。デフォルト設定でインストールした場合はリターンキーを押してください。

[c:\GSDATA]:D:\GSDATA

コンバート処理が実行されます。
※データ量や環境によって数分時間がかかる場合があります。

[Convert] データのコンバートが正常に完了しました。

[Convert] コンバート後のユーザIDとパスワード情報を[C:\gsession2\WEB-INF\convert\v1.1.7tov2.0.0\bin\]へ出力しました。

コンバート処理されたデータはGroupSessionをインストールしたgsession2ディレクトリの中にある
C:\gsession2/WEB-INF/dbC:\gsession2/WEB-INF/file以下に配置されます。
コンバート処理ではユーザ毎にログイン用パスワードをランダムな文字列として生成しています。
カレントディレクトリへユーザIDとパスワードがセットになったcsvファイル(userIdPassList.csv)を出力しているので Version2へログインする際はご参照ください。

tomcatを起動
コンバートプログラムを実行したコマンドプロンプト(またはターミナル)を閉じます。
tomcatを起動するとコンバートされたデータを読み込みGroupSessionが起動します。

Copyright 日本トータルシステム株式会社