Version1

GroupSessionの運用前設定

-- GroupSession Version 4.0.0を対象としています。 --
前提条件
設定ガイドは以下のソフトウェアがインストールされ動作していることを前提としています。
インストールされていない場合は先にインストールしてください。
ソフトウェア名 バージョン 配布元
GroupSession 4.0.0 日本トータルシステム株式会社

GroupSessionを運用する前に最低限以下の設定を行うことをお勧めします。

GroupSessionへログイン

GroupSessionには管理者権限を持った設定用管理者ユーザ(GS 管理者)が存在します。
運用前設定ではこの設定用ユーザで行います。
下記のログイン情報を入力しGroupSessionへログインしてください。

ユーザID admin
パスワード admin


設定用管理者ユーザ(admin)でログインすると下記の様な専用メニューが表示されます。
この中からGroupSessionを運用する上で必要な設定を行っていきます。
[Gsession Login]Gsession admin Menu画面キャプチャ

グループを作成する
GroupSessionではグループによってユーザ管理を行っている為、ユーザを作成する前にグループを作成する必要があります。
グループマネージャーから任意のグループを作成してください。
グループマネージャーではグループの作成、編集、所属ユーザの閲覧が可能です。
[Gsession Login]Gsession admin Menu画面キャプチャ

ユーザを作成する
GroupSessionを利用するユーザを作成します。
ユーザマネージャーから任意のユーザを作成してください。
一括してインポートすることも可能です。
[Gsession Login]Gsession admin Menu画面キャプチャ

休日の設定

GroupSessionで使用するカレンダーに休日を設定します。
定例の祝日や祭日をテンプレートを使用して一括で休日設定を登録したり、組織独自の休日を登録することができます。また、休日情報は年単位で登録する必要があります。
[Gsession Login]Gsession admin Menu画面キャプチャ

プロキシサーバの設定
プロキシサーバを利用してインターネットへ接続している場合、GroupSessionにプロキシサーバーを指定する必要があります。
プロキシサーバを使用していない場合は設定する必要はありません。
[Gsession Login]Gsession admin Menu画面キャプチャ

各プラグインの設定

スケジュール、タイムカード、掲示板、稟議、施設予約などはプラグイン固有の管理者設定をもっています。 管理者権限を持つユーザをユーザマネージャーで作成した後、そのユーザで再度ログインし各プラグインの管理者設定を一通り確認することをお勧めします。

ここではタイムカードと掲示板を例にプラグイン固有の管理者設定を説明します。

タイムカードの基本設定
タイムカードの基本設定では時間の換算方法(進数)や区切り間隔、締日、休日の設定を行います。
※タイムカードで休日出勤として扱う休日の候補は「休日の設定」の登録値です。
[タイムカード基本設定]Gsession タイムカード基本設定画面キャプチャ

タイムカードの時間帯設定
タイムカードの時間帯設定では通常、残業、深夜残業、休憩のそれぞれの時間帯を環境に合わせて設定することができます。
[タイムカード時間帯設定]Gsession タイムカード時間帯設定画面キャプチャ

掲示板-フォーラム管理
掲示板はフォーラムという単位で管理されているため運用前必ず作成する必要があります。掲示板-フォーラム管理ではそのフォーラムを登録することができます。
[掲示板-フォーラム管理]Gsession 掲示板-フォーラム管理画面キャプチャ


Copyright 日本トータルシステム株式会社